ごあいさつ

原発事故の影響により放射能汚染の心配が広まり、人間が食べる食糧に関しては、厳しい基準が設けられたり、検査が行われるようになってきました。

農薬に関しても同様であり、残留農薬についての検査は、以前より徹底して行われてきました。

しかし、ペットに関しては、残念ながら放射能についても農薬についても、特に基準などはなく、ペットの食料の安全性については、メーカーや販売店の自主規制や努力に頼らざるを得ない状況です。

人間と比較して、体の大きさがはるかに小さいペット、体が小さいため、人間よりも放射能汚染や残留農薬などの影響は敏感に現れます。

人間にとっては、全く問題ない量の残留農薬であっても、ペットや小動物にとっては、致死量に至ることさえあり、何気ない野菜の摂取が致命的となることさえあるのです。

つまり、ペットなどの小動物は、人間の何倍も放射能や農薬に対して敏感であるため、食べ物についても人間の基準よりもはるかに厳しい基準でのチェックが必要となる訳です。

当サイトでは、大切なペットの命を守るため、ペットに与える野菜の安全性や選び方について、詳しく調べてみたいと思います。